2012年09月25日

【続報3】2012年より開始、RFID機器で使用中のUHF帯周波数変更のポイント

こんにちは。
株式会社CANVASです。

先日、950MHz帯の使用業者にソフトバンモバイル株式会社(以下ソフトバンク)が選定されたことをお知らせいたしました。
参考:【続報2】2012年より開始、RFID機器で使用中のUHF帯周波数変更のポイント


2012年9月12日に東京ビックサイトで行われた「自動認識総合展」において、RFID周波数移行の現状について説明がありました。
【写真1】
【続報3】-1.JPG
【写真2】
【続報3】-2.JPG
※画像をクリックすると拡大画像を見ることができます。見えにくい場合は、ウィンドウを最大化してご覧ください。


ソフトバンクより無線免許登録者への連絡は完了しているものの、2012年6月末現在で協議を開始しているのは1件のみだそうです。

今回は現在までの経緯と移行状況をまとめてみたいと思います。

1.現在までの経緯
現在の状況を少しおさらいしてみると、以下の@〜Eの状況となっています。

@現在使用している 950MHz帯ICタグは920MHz帯の周波数に移行することになり2018年(平成30年)年4月1日以降使用できなくなる

A2018年4月1日以降、950MHz帯ICタグを使用すると電波法違反となり、罰せられる場合がある。

B移行費用は、950MHz帯で新たに携帯電話サービスを行うソフトバンクが負担、対象となるのは、920MHz帯の周波数移行に必要な@無線設備・附属設備費、A工事作業費、Bソフトウェア改修費。

C費用負担額は利用者がソフトバンクと協議を行い合意した金額となるが、移行期限までに移行するものが対象。

D移行に当りICタグの無線局登録者へ2012年9月1日までにソフトバンクから協議の実施手順について通知が行われている。

E免許不要の特定小電力無線局の使用者は、ソフトバンクの窓口へ連絡して、周波数移行のための協議を開始する。


2.移行状況
2012年6月末現在までの移行状況は以下の通りです。

@無線局登録者(747人、4,917局)
無線登録者への通知の送付は完了。ソフトバンクと協議を開始したのは1件(527局)

A免許不要(小電力無線局)(約83,000局)
協議申請を受けて協議を開始したのは0件、但し製造業者9件(30,042局)とは協議を開始

B移行のための窓口
【周波数移行費用に対する受付・相談窓口】
認定開設者:ソフトバンクモバイル株式会社
TEL:0800−919-0900(通話料無料)
受付時間:平日9時〜18時(土日祝祭日およびメンテナンス日を除く。)
URL http://www.softbankmobile.co.jp/ja/info/public/900mhz

出所:900MHz帯RFIDの周波数移行について(総務省 総合通信基盤局)
※2012年9月12日 自動認識展セミナーにて講演


現在該当するICタグ・機器を使用している企業様は、まずは総務省やソフトバンクのサイトでの情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。
その上で、周波数移行期限に間に合うようスケジュールに余裕を持ってソフトバンクと移行費用についての協議を開始することをお勧めします。


本ブログ記事に関するお問合せはこちら(株式会社CANVAS HPお問合せフォーム)まで。




posted by canvas at 13:25| RFID | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

RFID EXPOで発見!金属対応タグ(ICタグ)注目の新製品

こんにちは。
株式会社CANVASです。

先日、2012年5月9日〜11日に東京ビックサイトで行われた「RFID EXPO」に行ってきました。

以前本ブログでもご紹介したRFID(*1)をメインとした展示会で、RFIDタグを始めリーダー、ライター、アプリケーションを取り扱っている企業・団体が出展しています。

*1 RFID:(Radio Frequency IDentification=電波による個体識別)

CANVASでは現在コイルセンターの在庫管理に使用されているバーコードの課題である、
・表記出来る情報量が少ない
・印刷面が汚れると読取できない
・リーダを近づけて一つずつ読取を行うため読取時間がかかる
といった点を解決する技術の一つとしてRFIDに注目しており、毎年時間が許す限り見に行っています。

今回の展示会では、実は開催前から気になっていた製品がありました。

気になっていた製品とは、2011年9月20日ブログ「自動認識総合展で見つけた金属対応タグ2つの事例(1)」で紹介したA社の新製品である、スティックタイプの金属対応タグです。

A社は今年2月にコイルセンターの業界団体「全国コイルセンター工業組合」が開催した「IT情報講習会」において、会員企業様向けに講演を行い、以前ブログ記事で取り上げたラベルタイプの金属対応タグの紹介を行いました。
IT情報講習会での詳細とA社の製品紹介が、全国コイルセンター工業組合会報 平成24年 春号にも掲載されています(P.4〜5,10)。

講演中やその前後にA社の社長様とお話した際、5月の展示会で新製品としてスティックタイプの金属対応タグを発表すると聞いていたので、興味を持っていたのです。

当日見た新製品はスティック状ですが、接着面にヒダがあり曲げやすい構造となっています。これまでスペース的に貼ることが難しかった、鋼材シート(切板)の断面や、コイルのような曲面にも貼付可能とのことです。

図1
RFID EXPOで発見!金属対応タグ(ICタグ)注目の新製品(1).bmp

図2
RFID EXPOで発見!金属対応タグ(ICタグ)注目の新製品(2).bmp


前回ご紹介したラベルタイプと同様に、金属や水分を含むものに貼付しても読み取れます。
もちろん、コイル・シートの鋼材製品にも貼付出来ますが、例えば、金型・治工具・測定器の保守管理やスキット(*1)、スチール製の通いパレットの在庫・回収状況管理にも使用できます。
*1 スキット:CANVAS/コイルセンター用語辞典を参照 
http://www.canvas.co.jp/search.html

価格はオープンとのことですが、他社の金属対応タグ(500円〜)に比べかなり安価とのことです。


記事の内容、製品の詳細等についてのお問合せはこちら(株式会社CANVAS HPお問合せフォーム)まで。
また、下記に製品の特長、貼付例を紹介しています。

続きを読む
posted by canvas at 18:02| RFID | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

【続報2】2012年より開始、RFID機器で使用中のUHF帯周波数変更のポイント

こんにちは。
株式会社CANVASです。

しばらくの間、更新が滞っており大変失礼いたしました。

昨年より継続的にご紹介しておりました、UHF帯の周波数変更ですが、
既に新聞発表でご存知の方も多いと思いますが、2012年2月29日に950MHz帯の使用事業者がソフトバンクモバイル株式会社に決定しました。

今回は決定後の流れについて簡単に取りまとめたいと思います。
現在950MHz帯で電子タグシステムを利用している事業者は、920MHz帯への移行が必要となります。

1.移行期限
2018年(平成30年)3月31日までとなります。

2.費用
移行に際して発生する費用は、新たに950MHz帯を使用するソフトバンクモバイルの負担となります。

3.移行手続き
【免許・登録あり】
2012年9月1日までにソフトバンクモバイルより協議の実施手順について通知が行われます。

【免許・登録なし】(免許不要の特定小電力無線局)
ソフトバンクモバイルの窓口へ連絡し、対応について協議を開始する必要があります。

移行期限を過ぎても950MHz帯の機器を使用していると電波法違反となるため注意が必要です。
ソフトバンクモバイルの窓口は下記総務省サイトに記載されています。ご参考ください。


【出所・窓口連絡先】
総務省
URL:http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/denpa/rfid.pdf

関連記事
2012年より開始、RFID機器で使用中のUHF帯の周波数変更のポイント
【続報1】2012年より開始、RFID機器で使用中のUHF帯周波数変更のポイント

本ブログ記事に関するお問合せはこちら(株式会社CANVAS HPお問合せフォーム)まで。

posted by canvas at 13:12| RFID | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。