2013年10月25日

カラー・コードに注目! −第15回 自動認識総合展2013− (後編)

こんにちは。
株式会社CANVASです。

前編から間が空いてしまいましたが、後編では第15回 自動認識総合展で見つけたカラー・コード技術の具体的な製品をご紹介します。

1.カメレオンコード(株式会社シフト) 
※自動認識総合展では日精株式会社の中のワム・システム・デザイン株式会社のブースに展示

【特長】
@縦・横の色のブロック組み合わせパターンで情報を表現。
A情報量は縦・横の桁を増やすことで無限大。
B通常認識タイプと高速認識タイプがある。
C長さ0.5oの極小サイズにも対応。
Dブロックの代わりにコード自体にデザイン性を持たせることも可能(デザインコード)。

参考:
(株式会社シフト)http://www.shift-2005.co.jp/
(日精株式会社)http://www.nissei.co.jp/
(ワム・システム・デザイン株式会社)http://www.womnet.com/


2.カラービットコード(ビーコア株式会社)
※自動認識総合展ではサトー株式会社のブースに展示

【特長】
@3色のブロック並び順で情報を表現している。
A色の並びが「交差しない」・「分岐しない」というルールがあるが、その範囲内では形状の制限はなく、狭小スペース・曲線も可。
B情報量は最大19桁。
Cゆがみ、ズレ、折れ曲がりなどがあっても読み取り可能。

参考:
(ビーコア株式会社)http://www.colorbit.jp/
(サトー株式会社)http://www.sato.co.jp/products/automatic_recognition/colorbit.html


また、コイルセンター(鉄鋼流通・鋼材加工)での応用アイディアとしては、鋼材の在庫(コイル・鋼板等)の置場管理が挙げられます。例えば在庫にカラー・コードを貼付することでコードが見える位置から一括読み込みし、その中で特定のカラー・コードの在庫を検索することも可能です。

在庫の置場管理の一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。


本ブログ記事に関するお問合せはこちら(株式会社CANVAS HPお問合せフォーム)まで。



posted by canvas at 13:56| カラーコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。