2012年09月25日

【続報3】2012年より開始、RFID機器で使用中のUHF帯周波数変更のポイント

こんにちは。
株式会社CANVASです。

先日、950MHz帯の使用業者にソフトバンモバイル株式会社(以下ソフトバンク)が選定されたことをお知らせいたしました。
参考:【続報2】2012年より開始、RFID機器で使用中のUHF帯周波数変更のポイント


2012年9月12日に東京ビックサイトで行われた「自動認識総合展」において、RFID周波数移行の現状について説明がありました。
【写真1】
【続報3】-1.JPG
【写真2】
【続報3】-2.JPG
※画像をクリックすると拡大画像を見ることができます。見えにくい場合は、ウィンドウを最大化してご覧ください。


ソフトバンクより無線免許登録者への連絡は完了しているものの、2012年6月末現在で協議を開始しているのは1件のみだそうです。

今回は現在までの経緯と移行状況をまとめてみたいと思います。

1.現在までの経緯
現在の状況を少しおさらいしてみると、以下の@〜Eの状況となっています。

@現在使用している 950MHz帯ICタグは920MHz帯の周波数に移行することになり2018年(平成30年)年4月1日以降使用できなくなる

A2018年4月1日以降、950MHz帯ICタグを使用すると電波法違反となり、罰せられる場合がある。

B移行費用は、950MHz帯で新たに携帯電話サービスを行うソフトバンクが負担、対象となるのは、920MHz帯の周波数移行に必要な@無線設備・附属設備費、A工事作業費、Bソフトウェア改修費。

C費用負担額は利用者がソフトバンクと協議を行い合意した金額となるが、移行期限までに移行するものが対象。

D移行に当りICタグの無線局登録者へ2012年9月1日までにソフトバンクから協議の実施手順について通知が行われている。

E免許不要の特定小電力無線局の使用者は、ソフトバンクの窓口へ連絡して、周波数移行のための協議を開始する。


2.移行状況
2012年6月末現在までの移行状況は以下の通りです。

@無線局登録者(747人、4,917局)
無線登録者への通知の送付は完了。ソフトバンクと協議を開始したのは1件(527局)

A免許不要(小電力無線局)(約83,000局)
協議申請を受けて協議を開始したのは0件、但し製造業者9件(30,042局)とは協議を開始

B移行のための窓口
【周波数移行費用に対する受付・相談窓口】
認定開設者:ソフトバンクモバイル株式会社
TEL:0800−919-0900(通話料無料)
受付時間:平日9時〜18時(土日祝祭日およびメンテナンス日を除く。)
URL http://www.softbankmobile.co.jp/ja/info/public/900mhz

出所:900MHz帯RFIDの周波数移行について(総務省 総合通信基盤局)
※2012年9月12日 自動認識展セミナーにて講演


現在該当するICタグ・機器を使用している企業様は、まずは総務省やソフトバンクのサイトでの情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。
その上で、周波数移行期限に間に合うようスケジュールに余裕を持ってソフトバンクと移行費用についての協議を開始することをお勧めします。


本ブログ記事に関するお問合せはこちら(株式会社CANVAS HPお問合せフォーム)まで。




posted by canvas at 13:25| RFID | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。