2012年01月25日

判断と決断〜先の見えない時代に立ち向かう方法〜

こんにちは。
株式会社CANVASです。

先日、お取引先のS部長から大変有り難いお話を聞きました。
それは物事を決める時によく判断・決断という言葉を使いますが、この二つは全く異なる意味を持っているということです。

辞典を調べてみたところ、
判断:物事の真偽・善悪などを見極め、それについて自分の考えを定めること
決断:意志をはっきりと決定すること、正邪善悪を判断・裁決すること
とあり、どちらも物事を決める意味です。

ただし、S部長曰く、
「判断」、とは過去の経験や前例に従って決めること
「決断」、とは過去に経験したことがなく、前例もない状況の中で決めること

であると教えて頂きました。


昨今はコイルセンター業界において、経営環境も高度成長期を経て成熟期となり、設備過剰状態と言われています。
このブログお読みいただいている方も、これまでに経験されたことのない状況に直面され、判断ではなく決断を求められる場面が多くあるのではないかと思います。


私どもCANVASもこれまでの事例にこだわることなく、新しい発想でのご提案・ご支援を行い、
コイルセンター経営者様の「決断」のお力にならなければと決意を新たにした瞬間でした。


posted by canvas at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。